「こどもと空手」公式サイト(空手&格闘技情報)

「こどもと空手」公式サイトです。空手に関するトレーニング&テクニック記事の他、格闘技全般のニュースを幅広く取り上げます。

NHK「みんなで筋肉体操」の解説3|腹筋2/Crunches ~続・凹凸ある腹筋をつくる~(「子ども向け」筋肉体操の解説つき)

f:id:karate-kids:20190115174233j:image

 筋トレ大好きな管理人が紹介するNHKみんなで筋肉体操」の解説コーナー。

ここでは、「みんなで筋肉体操」で紹介されたトレーニングについて、動画と文章で解説をおこなっていきます。

・逞しい上半身をつくる「腕立て伏せ2

・パンパンの太腿を生み出す「スクワット2

に続き、今回は「腹筋2/Crunches ~続・凹凸ある腹筋をつくる~」の解説です。

通常の動作に加え、子どもや筋力が弱い方向けのトレーニング方法について紹介していきますので、筋トレ筋肉体操が初心者の方も参考にしてみてください。

 

 

みんなで筋肉体操」の解説3|腹筋2/Crunches ~続・凹凸ある腹筋をつくる~

  腹筋は時間をかけてたくさんおこなう必要はありません。効率良く短時間で鍛えて最高の腹筋を手に入れましょう。

 

動画

 

解説

1.ハイスピード・ニーアップ・クランチ

<やり方>

f:id:karate-kids:20190113220118p:image

背中にタオルを敷いて寝ころび膝を高く上げて足を浮かせた状態をつくましょう。みぞおちから上体を高く上げ、床の手前まで下ろす動作を繰り返します。

 

f:id:karate-kids:20190113220148p:image

上体を上げる際に少し膝を抱え込み、下ろすと同時に戻します。

 

f:id:karate-kids:20190113220214p:image

動作をおこなう際は「キュッ、キュッ」と言いながら力を込めてしっかり上げ切りましょう。

 

1-2.「子ども向け」ハイスピード・ニーアップ・クランチ

f:id:karate-kids:20190113220232p:image

子どもや筋力の弱い方などは、上げられる高さまで動作をおこないましょう。

 

<回数について>

f:id:karate-kids:20190113220256p:image

レーニング回数は、「15秒×3セット(間に5秒休憩)」を目安に頑張りましょう。

 

2.ニーレイズ&ストレート・レッグダウン

この種目は主に腹筋の下部に効かせることができるトレーニング種目となります。

<やり方>

f:id:karate-kids:20190113220321p:image

イスに浅く座り、背中は背もたれにつけておきましょう。手でイスの横をつかみながら足を真っすぐ伸ばし、床からわずかに浮かせておきます。

 

f:id:karate-kids:20190113220348p:image

胸を出しながらできるだけ高く膝を抱え上げたら↓

 

f:id:karate-kids:20190113220400p:image

そのままの状態で足を伸ばし↓

 

f:id:karate-kids:20190113220414p:image

床の寸前まで下ろしましょう。

 

f:id:karate-kids:20190113220435p:image

「きゅっ」と上げて、「あー」と負荷に耐えながら足を下ろしましょう。

 

2-2.「子ども向け」ニーレイズ&ストレート・レッグダウン

f:id:karate-kids:20190113220451p:image

子どもや筋力の弱い方などは、上げられる高さまで動作をおこないましょう。

 

<回数について>

f:id:karate-kids:20190113220507p:image

イスを使用して「12回」を目安に頑張りましょう。

 

筋肉をつけるためのポイント

効率良く筋肉をつけるには正しいフォームを

f:id:karate-kids:20190113220522p:image

「効率良く筋肉をつけるには適切なフォームで強い刺激を与えなければいけません。フォームをごまかさず、きっちり筋肉を追い込みきりましょう。(談:谷本道哉先生)」

 

一定のペースで筋肉体操をおこなう

f:id:karate-kids:20190115175035j:image

筋肉をつけるには一定のペースで筋肉体操をおこなうことが重要です。疲労した筋肉を回復させるため2~3日程度の間隔をおき、週に2~3回を目安に頑張っていきましょう。