こどもと空手(空手&格闘技情報)

こども向け空手情報サイトです。空手ネタの他、格闘技全般のニュースを幅広く取り上げます。

【空手・格闘技のパフォーマンスアップ】「レッグロワリング」で膝を高く上げる(動画と文章でわかりやすく解説)

f:id:karate-kids:20190301134739j:plain

 蹴り・キックの稽古や練習の際に、「膝をしっかり上げろ」と言われたことはないでしょうか?蹴りを出す際は、膝を高く上げることで蹴りの打点も高くなりますので、上段回し蹴り・ハイキックや膝蹴りといった技をスムーズに出すことができます。

それでは、膝を高く上げるためにはどのようなトレーニングが必要なのでしょうか?ここでは、膝を高く上げるための「レッグロワリング」というトレーニング方法について紹介していきます。

 

 

膝を高く上げるトレーニング「レッグロワリング」

動画

解説

床に仰向けに寝た状態になりましょう。両手は動画のように床につけておきましょう。
両脚を真上に伸ばした状態がスタート位置となります。そのまま、膝が曲がらないように片足を床にゆっくり下ろしていきましょう。

 

回数について:

まずは正しいフォームで続けられるよう、

・片足10回ずつ、両足で合計3セット

を目安におこなってみましょう。

 

「レッグロワリング」の効果について

f:id:karate-kids:20190301141059j:image

1.膝を高く上がられるようになる(可動性の向上)

レッグロワリングをおこなうことによって、足の裏側にあるハムストリングスという筋肉のストレッチ効果があります。そのことで足の可動性が向上しますので、蹴り・キックを出す際に膝を高く上げられるようになります。

 

2.蹴りの自然なフォームを身に着ける

レッグロワリングをおこなうことによって、蹴り(膝蹴り)を出す際にありがちな「背中が丸まってしまう」「お尻が引けてしまう」といった不自然なフォームを正す効果が期待できます。

 

3.体幹部の筋力アップにも

レッグロワリングは蹴りのフォーム矯正だけでなく、足の付け根にある腸腰筋・大腿直筋といった体幹の筋力トレーニング効果もありますので、空手や各種格闘技をおこなう方にとっては良いトレーニング方法です。

 

効率の良い体の使い方を学ぼう

f:id:karate-kids:20190301142339j:plain

レッグロワリングのようなトレーニングをおこなうことによって効率の良い体の使い方を覚えることによって、無駄な力を使わなくなります。

その結果、打撃のパワーアップや試合後半のスタミナ維持につながりますので、稽古や練習の際にも正しい体の使い方を意識するにょうにしましょう。

 

あなたにおすすめの記事

www.kids-karate.net