こどもと空手(空手&格闘技情報)

こども向け空手情報サイトです。空手ネタの他、格闘技全般のニュースを幅広く取り上げます。

こどもに空手を習わせるとお金はいくらかかるのか?

f:id:karate-kids:20170512102824j:plain

こどもの習い事には少なからずお金がかかります。

保護者の方にとって知っておきたい、空手を習う際の月謝や相場について事前に知って

おきたい情報をまとめました。

 

月謝などの費用

傾向:組織化された大きな流派ほど、入会金や月謝が高い傾向にあります。

入会金

入会金はだいたい5,000円~10,000円あたりが相場です。

※道場によっては、春などのキャンペーン期間中は入会金を無料にしている場合もあります。

月謝

月謝はだいたい5,000円~8,000円あたりが相場です。

兄弟や親子割引など、家族が複数で入会する場合には月謝の割引を受けられる道場もあります。

年会費

年会費はだいたい10,000円程度が相場となっています。

おもに大きな流派で年会費が発生するケースが多く、会員管理や会報の発行などの名目で年会費を徴収するようです。

 

空手用品の購入など

道着代

道着は上下セットで10,000円程度が相場です。

道着は市販されていますが、道場指定の道着を購入する必要があったり、市販された道着へ道場名の刺繡を入れたりしなけらばならないケースが多く、どちらにしても10,000円程度の費用がかかってしまいます。

サポーター代

組手の稽古などで着用する手足のサポーターです。

費用は手足セットでだいたい3,000円~6,000円程度が相場です。

自分で購入することも可能ですが、指定の基準を満たしているサポーターでないと大会へ出場できない場合がありますので、道場指定のサポーターを購入しておくのが良いでしょう。

※自分で任意のサポーターを購入可能な道場もありますが、革製のサポーターが禁止されている場合が多く見受けられますので、はじめは布製のサポーターを購入するのがの良いでしょう布製サポーターは汗をかいてしまっても、洗濯機で洗うことができますので汗をかきやすい子どもには最適です。

www.kids-karate.net

 

その他

スポーツ保険代

道場での稽古中、または道場へ通う途中の怪我などに対してスポーツ保険の適用を受けることができます。

費用は年額で800円~1,500円程度が相場となります。

※道場の指定するスポーツ保険の種類によって費用や補償内容が異なりますので、ご注意ください。

昇級審査代

空手の場合は、生徒それぞれの習熟度に合わせて級位や色のついた帯を授けられます。

昇級をするには昇級審査への受信が必要となっており、昇級審査を受審する毎の費用が必要となります。

費用はだいたい 7,000円~10,000円程度が相場となっています。

※費用には、級位の免状(賞状)や帯代が含まれているのが一般的です。

 

試合への参加費+交通費

・試合への参加費

日頃の成果を発揮するには試合へ出場して自分の実力を知るのが一番です。

費用はだいたい4,000円~6,000円程度が一般的となっていますが、規模の大きな試合になるほど参加費用も高額となる傾向があります。

※その分、トロフィーなども豪華になるので子供のモチベーションは上がります。

また最近は、規模の小さい大会でも参加賞や努力賞として参加者に小さなメダルを配布するなど、何かしらお土産を残そうと配慮してもらえる良心的な試合も増えてきています。

・交通費

試合会場までの交通費は基本的に各自で負担するのが一般的です。

※大きな流派などでは、バスをチャーターしてまとまって行動するような場合もあります。 

 

空手は初期投資はそこそこかかるが、長く使えるものが多い

 こうしてみると空手は初期投資に費用がかかるイメージがありますが、他のスポーツと比較すると道着やサポーターも長く使える傾向にあります。

例えばサッカーの場合は練習や試合用のユニフォーム、靴(スパイク)などを用意するのですが、替えを何着か用意しておく必要があります。そうなると軽く数万はかかってしまうでしょう。また、子供の成長に合わせて道具を新しく購入しなければなりません。

空手の道着の場合であれば、身長が伸びてもある程度までカバーできたり、生地も丈夫に作られているのですぐにはボロボロになりません。サイズの問題さえなければ道着1着で何年も使用し続けることができます。

 

こちらも良く読まれています

www.kids-karate.net