こどもと空手(空手&格闘技情報)

こども向け空手情報サイトです。空手ネタの他、格闘技全般のニュースを幅広く取り上げます。

【伝統派空手版】ポイント獲得・威力が増す「前足の中段回し蹴り」|元世界王者 ジュニア・ルフェーブル先生に学ぶ

f:id:karate-kids:20181024110022j:plain

 空手・格闘技の自主トレーニング用として人気の「基本テクニックを学ぼう」シリーズ。ここでは、空手や格闘技に役立つテクニックを紹介しています。

本記事は、空手に携わっている方だけでなく、打撃系のテクニックを学びたい方にもおすすめできる内容です。

 

今回は、「ポイント獲得・威力が増す中段回し蹴り」について紹介していきます。伝統派空手でポイントを確実に獲るためのテクニックですが、「威力が増す」という点については空手をはじめとしたさまざまな格闘技に応用が可能です。

もちろん、伝統派空手に携わっている方にとって、確実にポイントを獲れるテクニックを身に着けることは自分の武器となります。

 

技術レベルとしては中級者以上の方が目安になると思いますが、技を再現できそうな方はぜひチャレンジしてみましょう。

 

 

 

ポイント獲得・威力が増す「前足の中段回し蹴り」

動画

 

解説

<はじめに>

 最近は空手もよりスポーツ化されてきており、軽い技でもすぐにポイントにしてしまう審判もいます。同じ技を出すにしても、しっかりと気持ちの入った確実にポイントのとれる技を出す方が良いでしょう。

前脚の中段回し蹴りをよく見かけますが、パワー(威力)もなく、あまり良い技だとは思いません。場合によってはポイントを獲得できるかも知れませんが、確実ではありません。

確実にポイントを獲り・威力を増すための蹴り方を紹介します。

 

<蹴り方のポイント>

 蹴り方のポイントとして、「腰を回転させることができる姿勢をとること」が重要です。

f:id:karate-kids:20181024112039j:plain

↑画像のような体勢(腰が相手に対して真横を向いてしまっている)では、腰を回転させることができず、脚だけの蹴りになってしまいます。

 

まずは、刻み突きを出す体勢で蹴る準備をおこないます。

f:id:karate-kids:20181024112104j:plain

刻み突きを出すと同時に腰を45度に開き、腰の回転が使える姿勢をとり、中段回し蹴りを出します。

 

f:id:karate-kids:20181024112423j:plain

このように、腰の回転を使うことで蹴りの威力が増し、確実にポイントを獲れるようになります。

 

ジュニア・ルフェーブル先生のテクニックをもっと知りたい方は

 元世界王者 ジュニア・ルフェーブル先生のテクニックをもっと知りたい方は、以下の資料を参考にしてみましょう。

 

ジュニア・ルフェーブルセミナー in 浪速 -腰のローリングこそ空手の真髄-

「腰の回転」を使った突き・蹴り・ディフェンスを中心に、試合で有効なマル秘テクニックや「相手を支配」するコントロール法など研究し尽くされた超貴重な練習メニューなどを知ることができます。

ジュニア・ルフェーブルセミナー in 浪速 -腰のローリングこそ空手の真髄- (DVD)