こどもと空手(空手&格闘技情報)

こども向け空手情報サイトです。空手ネタの他、格闘技全般のニュースを幅広く取り上げます。

子供の集中力がない|脳への栄養補給でパフォーマンスアップ(おすすめサプリと書籍紹介)

f:id:karate-kids:20181112122142j:plain

 稽古に集中できない、勉強(宿題)に集中できない、朝が弱い・・・。

子供を持つ親であれば、こんな悩みは日常茶飯事だと思います。

しかしながら、このような「集中力がない」という問題を解決できる方法をご存知でしょうか。集中力の欠如についてはさまざまな要因がありますが、脳のエネルギー不足が原因であることも少なくありません。

ここでは、子供の集中力を改善するための栄養補給について紹介していきます。

 

 

 

脳は「大食い」

 脳は大食いで、人間の体重の2%であるにもかかわらず、脳がエネルギーを消費する割合は18%にもなります。

このように、大食いな脳がエネルギー不足に陥ってしまうと、思考力や行動力が低下。かんじんの「集中力」についても低下していきます。

そのため、「子供の集中力がない」場合には、脳へエネルギーを補給してあげることが重要です。

 

ブドウ糖」で脳に栄養補給

 脳は他の体の組織と違い、エネルギー源としてブドウ糖しか活用できない仕組みとなっています。ということは、子供の集中力を上げたいと思った場合には、シンプルにブドウ糖を摂取させてあげることが近道です。

 

<食べやすいおやつ感覚のブドウ糖

 

大丸本舗 ぶどう糖 18粒×10袋

 

<徳用サイズもおすすめ>

H+Bライフサイエンス 粉飴顆粒 1kg

 

朝が弱い場合にもブドウ糖

f:id:karate-kids:20181112124513j:plain

 脳は寝ている間にもブドウ糖を消費していますので、朝起きてボーっとしたまま、活動するまでに時間がかかる子供の場合にもブドウ糖の摂取が有効です。

 

稽古前や勉強前に摂取しよう

 ブドウ糖を体に貯蔵できる量は限られているため、こまめに摂取しておくことが重要です。稽古前や勉強の前にブドウ糖を摂取し、脳の栄養補給をおこない集中力の低下を防ぐようにしましょう。

 

集中力を維持してパフォーマンスアップ

f:id:karate-kids:20181112124818j:plain

 今回紹介したように、脳への栄養補給を適切におこなうことで「集中力」はある程度コントロールしてあげることが可能です。

集中力が低下する仕組みを理解し、パフォーマンスアップしていきましょう。

 

集中力についてもっと知りたい方は

 今回紹介したような集中力を生み出す方法は他にもあります。特に、以下の書籍はかなり具体的でおすすめできます。

 

書籍:自分を操る超集中力

 この「自分を操る超集中力」はテレビでもおなじみメンタリストのDaiGoさんの著書であり、集中力がなくなる根拠や、集中力を高めるための行動や栄養補給などについてかなり具体的かつボリュームのある内容となっています。

私も読みましたが、集中力に関する内容が集約されているといっても差支えないボリュームでした。

 

自分を操る超集中力

 

マンガ:自分を操る超集中力

 「活字が苦手でなかなか読めない」という方は、マンガ版がおすすめです。この手の本はとにかく「しっかりとインプットする」ということが重要ですので、自分がしっかりとインプットできるのであればマンガも有効な媒体です。

 

マンガでよくわかる 自分を操る超集中力

 

いまだけ?:無料で音声版「自分を操る超集中力」をゲットする方法

 

 「自分を操る超集中力」は、Amazonの「Audible(オーディブル)」というサービス(アプリ)で書籍を音声で読み上げて「聴く」ことができます。

 

<無料で「聴く」方法>

 「自分を操る超集中力」を無料で「聴く」方法については、Amazonの「Audible(オーディブル)」というサービスに登録しましょう。

「Audible(オーディブル)」については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

また、「Audible(オーディブル)」を聴くことでAmazonポイントをゲットできるキャンペーンもおこなっていますので、忘れずにゲットしておきましょう。

 

↓「Audible(オーディブル)」の登録はこちら

www.kids-karate.net

 

f:id:karate-kids:20181112130641j:plain

 「Audible(オーディブル)」は文字を目で追う必要がありませんので、仕事中や家事の合間、移動中などでも活用することができます。

私も「Audible(オーディブル)」で聴いていますが、濃い内容なので目が疲れることもなく非常に重宝しています。